安全にお金借りたい

MENU

安全にお金借りたい!利用できる金融機関はどこ?

お金借りることで、目の前にあるピンチを何とか安全に切り抜けられることもありますよね。

 

突然発生した想定外の出費に対応できない場合、金融機関から借入れすることが最も手っ取り早く、誰にも気兼ねする必要のない効率のよいお金の調達方法と言えるかも知れません。

 

ただし、お金借りるとき大事になってくるのが利用する金融機関の選択です。ここではお金借りるとき、安全に利用できるキャッシングサービスについて紹介していきます。

 

安全にお金借りることができる金融機関は2種類ある

安全な借入先

安全にお金借りるための借入先として選べるのは、主に2つの種類があてはまるでしょう。

 

それは「銀行」と「消費者金融」ということになりますが、どちらでお金を借りる場合にも広い意味では「キャッシング」という言葉が使われています。

 

銀行にはいろいろな金融機関が含まれる

銀行について触れる前に、その中に含まれる銀行以外の金融機関について紹介しますね。

 

「銀行」と一口に言っても、実はいろいろな金融機関が含まれていて、具体的にはみずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行から成る三大メガバンク、その他の大手銀行・ネット銀行・信託銀行・信用金庫・信用組合がそれにあてはまります。
【参考(http://www.cirac.jp/seminar/)「銀行の種類と特徴」】

 

消費者金融にもいろいろある

また消費者金融にもいろいろあって、プロミスやアコム、モビットなどの有名な大手キャッシングサービスがあります。

 

またその他には「街金」と言われる消費者金融もあり、さらには「ヤミ金」と言われる危険な金融業者もあるんです。街金の場合は貸金業者として登録をしている業者なので、安全な借入先と言えるのですが、ヤミ金は無登録業者なので注意が必要です。

 

銀行、消費者金融それぞれの共通点・相違点とは

「銀行」、「消費者金融」という2つの分類において、それぞれに共通しているところがあれば、反対に違っているところもあります。それはどんなところなのでしょうか?

 

《共通点1》審査で決定した借入限度額が利用の上限となる

金融機関でお金を借りる時、まず審査で借入れできるか、またいくらまで借りられるかということが決定されています。

 

銀行や消費者金融でお金借りる場合、ローンカード(銀行はキャッシュカードも利用可)、を使ってATMなどから借入限度額の範囲内で何度でも借入れできるため、この点ではどちらにも共通しているポイントと言えるでしょう。

 

《共通点2》利息制限法の上限金利を守っている

金融機関でお金を借りる場合、※2.利息制限法で決められた上限金利以下の金利でお金を借りることができるようになっています。

 

ただし、その中でも銀行の金利は消費者金融よりも低金利に設定されているため、この点では相違点と言えますが、利息制限法の上限金利を守っていることについては同じと言えるでしょう。

 

※2.「利息制限法」:金銭を目的とする消費貸借の利息の契約について、以下に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分は無効となることを定めている法律です。

 

利用金額により上限金利が決まっていますが、以下のように最高でも20%までとなっています。

  • 元本の額が十万円未満の場合:年20%
  • 元本の額が十万円以上百万円未満の場合:年18%
  • 元本の額が百万円以上の場合:年15%

(参考:法務省「利息制限法」)

 

《相違点1》業務を規制する法律の違い

また両者の相違点として挙げられることの1つ目は、業務を規制する法律の違いです。

 

金融機関がお金を貸す場合、業務を規制する法律に沿って貸付業務を行っています。その際に関連する法律は以下の2つとなります。

  1. 銀行業法
  2. 貸金業法

 

上のうち、銀行業法に沿って融資をしているのは「銀行」などの金融機関であり、貸金業法を守ってお金を貸しているのは、「消費者金融」となっています。

 

このために銀行などは、※3.「総量規制」の対象外となっているため、専業主婦など収入のない人でも借入れが可能になる場合もありますが、消費者金融での専業主婦の借入れはNGとなっているのが現状です。

 

※3.「総量規制」:総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。ただし総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみです。(参考:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html日本貸金業協会「貸金業法について(総量規制)」)

 

 

 

 

 

お金借りる安全