主婦 安全 キャッシング

MENU

主婦のキャッシング!私でも安全にお金を借りられるのでしょうか

例えば「消費者金融からお金借りる」というと、昔は「サラリーマン金融」という言葉が一般的だったこともあって、「利用するのは男性」というイメージが強いのではないでしょうか。

 

主婦が借りたお金を財布に入れる画像

それでもお金が足りない!と思うのは女性も同じですし、特に主婦ならば家計を管理する立場からお金の心配は独身の人よりも多いと思います。

 

どうしても工面しなくてはいけないお金ならば、安全なキャッシングサービスでお金借りることも時には必要ですよね。

 

それでも「私のような主婦でもお金借りることできるの?」、「旦那に内緒でキャッシングできる?」と心配している人も多いと思いますので、以下で主婦のキャッシングについて説明していきます。

 

主婦の借入れは利用の金融機関により区別される

主婦が借入れを希望するとき、実際に利用が可能になるかどうかは申込みの金融機関により「区別」されます。

 

申込みを受けた金融機関は、その人を利用対象とするかどうかを決めて審査結果に反映させることで、キャッシングを利用できる人とできない人を区別しているのです。

 

借入先は安定収入のあるなしにより決まる

銀行か消費者金融、一般的な借入先と言える金融機関ですが、主婦の場合どちらで借入れが可能でしょうか。

 

主婦が上記の内どちらで利用できるかは、申込みする主婦が専業主婦であるか、それともパート・アルバイトなどの安定収入がある人かによって決まります

 

専業主婦が安全に借りられる金融機関はどっち?

専業主婦が安全にお金借りることができる金融機関は、ズバリ「銀行のみ」となります。その理由は「総量規制」の対象外となるカードローンは銀行だけだからです。

 

総量規制とは、「貸金業法」により営業をしている金融業者からの借入れに適用される法律で、借入総額を年収の1/3以下に制限するというものです。

 

そのため収入が「0円」の専業主婦は、借入可能な金額も当然「0円」となるので、大手の消費者金融から専業主婦が借入れすることは不可となっています。

 

銀行なら旦那に内緒の借入れも可

総量規制の適用により、大手消費者金融で専業主婦が旦那に内緒でお金借りることは無理ですが、これに対して「銀行業法」で貸付けをしている銀行なら、専業主婦が旦那に内緒でお金借りることも可能です。

 

たとえば「楽天銀行カードローン」では、インターネットからの申込みで専業主婦専用のページが用意されているので、旦那に内緒のキャッシングも可能でしょう。

 

ただし「みずほ銀行」では専業主婦の借入れに積極的ではないので、銀行であっても申込先次第という部分も確かにあるようです。

 

パート・アルバイトの主婦ならどちらも借入れ可能

パート・アルバイトで一定の収入があり専業主婦でない場合は、銀行は勿論ですが、消費者金融での借入れも可能になっています。

 

もちろん、この場合も旦那に内緒の借入れも可能と言えるでしょう。ただし、注意するべき点がいくつかあるので、安全にお金借りるためにも以下を参考にしてみてくださいね。

  • 申込み後は在籍確認の電話が掛かることもある
  • 返済の遅延があると督促の電話や郵便が来る
  • ローンカードに気付かれる危険もある(発行・保管時)

 

上の注意点は、専業主婦が銀行カードローンを利用する場合にも同様となります。

 

在籍確認については専業主婦の場合は自宅に居る時間が長いため問題ないと思いますが、仕事をしている主婦の場合には申込み時に申告する電話番号を携帯電話の番号にしておくなどの工夫が必要かも知れませんね。

 

返済の遅延は督促の電話や郵便が来ることにより、家族にキャッシングがバレる可能性もあり、それ以上に信用情報にキズを付ける結果ともなるため注意が必要ですよ。

 

ローンカードの発行について、郵便局でカードを受取ることも可能ですが、中には本人限定受取郵便でカードを発送してくれる場合もあるので、意外に心配は不要かも知れません。

 

ただしお財布の中にローンカードを入れていると、何かの拍子に家族に見られることもあるため、旦那に内緒で借りたいという場合には特に注意が必要ですね。

 

お金借りる 安全