お金借りる 安全

MENU

お金借りるなら安全であることが大事

キャッシングサービスでお金借りる時、安全であることが何よりも大事となります。

 

この「安全」という言葉には色々な意味がありますが、お金借りる場合ならば以下のことが当て嵌まるでしょう。

  • 会社バレ・親バレ・妻(夫)バレしないこと
  • 他のローンに影響しないこと
  • ヤミ金から借りないこと

 

上の項目に気を付けてキャッシングすれば、安全にお金借りることができると言えますが、この中の1つでも満たせないことがあれば、それは「危険」な借入れということになってしまいます。

 

会社バレ・親バレ・妻(夫)バレしない

内緒で借りれる

金融機関から借入れする場合、取扱金融機関や保証会社が審査を実施しますが、その中で「在籍確認」という職場での本人確認が必要になるんです。

 

その際、会社に電話がかかってきたとしても金融機関名を名乗ることはないので、この点では安全です。

 

ただし、勘のいい人やカードローン審査について知識がある人が職場にいると、これは安全でなく危険ということになるかもしれませんね。ただしその場合には事前に以下のような準備をしておくと良いです。

  • 在籍確認の電話が掛かる時間を指定する
  • 電話を掛ける人の性別を指定する
  • 役職に就いている場合には、役職名で掛けてもらう

 

ただしこのように在籍確認で希望がある場合は、電話で相談をしておく必要がありますね。

 

また確認の電話は自宅の電話番号にも掛かってくることもあるので、家にいる人にバレてしまう危険もありますが、この場合でも個人の名前で電話を掛けてくれるので、直ぐにバレる危険は少ないでしょう。

 

他のローンに影響しないこと

キャッシングサービスで借入れ、このことで他の住宅ローンを利用したい時に影響しないならば、安全な借入れと言えますね。

 

ところで、金融機関からの借入れで信用情報にキズがつくと誤解をしている人は多いみたいですね。ですが、信用情報というのは個人信用情報機関で管理されているものであり、その情報にキズがつくのは「支払いの長期延滞」や「債務整理」などをした時です。

 

キャッシングの申込みや、利用、返済などの履歴は信用情報として記録が残りますが、「記録が残る=信用情報にキズがつく」ではありません。

 

ただし、住宅ローンなどの審査にキャッシングの履歴が全く影響しないとは言い切れない部分があるのも事実です。ローンの申込みをする場合にはキャッシングの完済と、できれば解約をしていることがベストと言えるでしょう。
(参考記事→信用情報機関について/キャッシング情報なら弁護士法人アディーレ法律事務所

 

 

 

 

 

金融機関からお金借りることは安全?

安全にお金借りる家族のイメージ

給料日まであと10日、だけど今月ちょっと使いすぎて食費がピンチ!なんていうこともありますよね。

 

そんなとき考えることは、給料日まで食費を1日千円にする、それでも足りなければ1日1食で何とかしのぐなどかも知れません。

 

もっとも家族と住んでいる人の場合は食事に困ることはないと思いますが、友人や同僚と仕事帰りに飲むなんていう時にもある程度のお金が必要ですね。

 

必要なお金の確保にはキャッシングの利用もアリ

どうしても必要なお金がある時、貯金がない場合は誰かに借りるしかないこともあると思います。

 

ただし誰からもお金借りることができないなら、金融機関でキャッシングを利用するのも1つの手と言えるでしょう。

 

安全なキャッシングのポイントとは?

キャッシングを安全に利用するには以下のようなポイントがありますが、利用の方法を間違えると後悔することにもなるので、注意が必要です。

 

キャッシングを安全に利用するためには、法律に沿って営業している金融機関で借入れする時、こちらも誠意を持って利用する必要がありますね。

 

例えば返済日を守ることなど、きちんとした利用をしていれば、安全なサービスを有意義に利用することができるでしょう。

 

お金借りる方法での安全と危険は向い合せ

お金借りる方法のデメリットとして、反対に返済の長期延滞などいい加減な利用をすると、信用情報にもキズをつけてしまう恐れもあることから、安全なサービスを利用した結果、危険が生まれる場合もあるんです。

 

一度傷ついた信用情報は一般的に5年間は記録されたままになるため、その間はどこにも借りられない・他のローンが組めないという状況にもなります。

 

つまり金融機関からお金借りる場合、安全と危険はいつも「向い合せに」なっているため、利用の仕方によってどちらにも転がる可能性があるということを念頭に置いてキャッシングする必要があるでしょうね。